【日本ハム】ノムラの考え+エンタメ=球界の常識変える新庄式野球に期待している…担当記者が見た

新庄剛志
新庄剛志

 「これからはパ・リーグです」。03年オフ、誰も信じなかった入団会見からわずか2年後、06年の開幕戦で札幌Dを満員にして見せた。新庄が日本ハム時代に見せた常識破りパフォーマンスは、とにかくファンを喜ばせたいという思いの発露。在籍した3年間、札幌Dには生で見たいと思わせる“エンターテインメント”が確かにあった。

新庄新監督年表
新庄新監督年表

 ゴレンジャーや札幌Dの天井からの登場など、数々のパフォーマンスはいずれも公式戦の試合前。当然あった批判の声は、結果を出すことで封じ込んだ。パフォーマンスをした試合では必ず打つ。ゴレンジャーの日は、サヨナラ満塁弾で走者を追い越し、サヨナラ単打になる「落ち」までつけるなど、プレーでも魅了した。チーム内でも孤立することはなく、ナインを巻き込むことでむしろ慕われた。日本一に輝いた06年日本シリーズ、最初に胴上げされたのはヒルマン監督ではなく、涙を流す新庄だった。

 監督としてはファンの歓声も追い風に、モチベーターとして選手を乗せる姿が想像されるが、独自の野球理論にも期待できる。森本、稲葉と3人そろってゴールデン・グラブ賞に輝いた鉄壁の外野陣を統率するなど、野球理解度は高かった。ヤクルト・高津監督や稲葉GMと同じく“野村チルドレン”の1人。名将の考えをセオリーにとらわれることなく昇華させた“新庄流”は、間違いなく球界に新風を吹かせてくれるだろう。加えて誰よりも高い発信力。球界全体を、新たなステージへと導いてくれると期待している。(03~06年日本ハム担当・山口 泰史)

新庄剛志
新庄新監督年表
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請