【巨人】ドラ5岡田悠希、“巨人の新庄”になる「ファンを楽しませるのがプロ野球選手」

巨人スカウトの指名あいさつを終え、笑顔で打撃フォームのポーズをとる法大・岡田悠希
巨人スカウトの指名あいさつを終え、笑顔で打撃フォームのポーズをとる法大・岡田悠希

 巨人からドラフト5位指名を受けた法大・岡田悠希外野手(21)が29日、“巨人の新庄”になることを宣言した。

 この日、川崎市内の同大野球部合宿所で水野スカウト部長らから指名あいさつを受け、憧れの選手に日本ハムの新監督に就任する新庄剛志氏の名前を挙げた。「カッコいい選手を見てしまうし、光っている選手に目がいってしまう。プレーはもちろんですけど、ファンを楽しませるのがプロ野球選手」と、目を輝かせた。

 巨人はドラフトで支配下7選手を指名。うち6人が投手で、岡田が唯一の野手だった。水野スカウト部長は、「肩もいいし、送球の正確性もあるので、守備はすぐに1軍で使える。亀井選手みたいなプレーヤーになってほしい」と期待した。

 183センチ、85キロと恵まれた体格で、50メートル6秒0、遠投120メートルという抜群の身体能力を持つ左のスラッガーは、将来的な目標に“トリプルスリー”を掲げ、「新庄さんみたいなカッコいい選手になりたいです」。華のあるスターを志し、プロの世界に飛び込む。(灰原 万由)

 ◆岡田 悠希(おかだ・ゆうき)2000年1月19日、愛知・犬山市生まれ。21歳。小学1年から「安芸リトル」で野球を始め、八本松中時代はヤングリーグ「府中広島’2000」でプレー。龍谷大平安高では2年春に甲子園4強。法大では3年秋からベンチ入り、通算29試合で打率2割5分、4本塁打、12打点。183センチ、85キロ。右投左打。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年