高橋真麻アナ、1歳の子に「ハーネス」を装着した姿を公開「何を言われようと生命のためです」

スポーツ報知
高橋真麻アナウンサー

 2020年5月1日に第1子を出産したフリーの高橋真麻アナウンサーが28日、自身のブログを更新。1歳の子にハーネス(迷子ひも)を装着している写真などを公開した。

 高橋は、「ハーネス論争」というタイトルでブログを更新。青いひもに天使の羽根のデザインがついたハーネスを装着した子どもの後ろ姿を掲載すると、「子供のハーネスには賛否両論ありますが 本当に予想外なタイミングやいきなり飛び出してしまうので 背に腹はかえられません。我が家はたまに使います。何を言われようと生命の為です。」と記した。

 この投稿には「わたしも否定派でしたが、1歳4ヶ月の娘が手を繋ぎたがらなくて、繋いでも振りほどいたりして危ないので、子どもの性格によっては必要なのかなと思い始めています」「真麻さんのようなメディアに出ていらっしゃる方が、このように言い切ってくださるのは本当に有難いです。親が自ら大切な我が子を、ペットのように扱いたいと思っている人はいないハズです」などの声が寄せられている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請