「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル」が来年4月5日開業…客室はアンディの部屋をイメージ

スポーツ報知
「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル」客室のイメージ(C)Disney/Pixar

 東京ディズニーリゾートのディズニーホテルを運営するミリアルリゾートホテルズは28日、ディズニー&ピクサー映画「トイ・ストーリー」シリーズをテーマにした「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル」(千葉県浦安市舞浜)の開業日が来年4月5日となることを発表した。

 概要は、地上11階、地下1階、ホテル棟の延床面積約4万平方メートル、客室595室、駐車場約400台。

 エントランス正面の広場「スリンキー・ドッグパーク」は、ゲームボードをイメージし、バズ・ライトイヤーやジェシーのキャラクター像がある。ロビーを抜けた先にある中庭「トイフレンズ・スクエア」には、ウッディやボー・ピープのほか、さまざまなおもちゃのキャラクター像が並ぶ。キャラクター像はそれぞれ約4メートルあり、ゲストはまるでおもちゃのサイズに縮んだかのような景色になっている。

 客室は、映画シリーズ第1作に登場するアンディの部屋をイメージしており、青い空と白い雲の壁紙や壁に掛けられたミッキーマウスの大きな腕時計など、おもちゃを思わせる備品や調度品などが置かれている。

 デラックスタイプとバリュータイプの間のモデレートタイプに位置付けられ、595室ある客室のデザインを統一。宿泊に必要な設備とシンプルなサービスに特化することで、デラックスタイプのディズニーホテルよりも手軽に宿泊を楽しめる。

 レストラン「ロッツォ・ガーデンカフェ」(約300席)は映画シリーズ第3作に登場するロッツォ(ピンクのクマのぬいぐるみ)をモチーフにした店で、ブッフェスタイルのブレックファストとディナーが楽しめる。ディズニーショップ「ギフト・プラネット」はTDRの商品のほか、ホテルをイメージした商品も販売。ホテルショップ「ショップ・トゥギャザー」はソフトドリンク、お菓子など、日用品や紙おむつなどのベビー用品を販売。

 宿泊ゲストは、チェックイン日を除く滞在日の東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーの1デーパスポートを1人につき1泊1枚、購入できる。宿泊予約開始日は未定。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請