【DeNA】牧秀悟が9戦連続安打で152安打目、長嶋茂雄の新人5位にリーチ…打率は3割1分3厘に上昇

スポーツ報知
4回無死一塁、右前安打を放つ牧秀悟

◆JERAセ・リーグ 広島―DeNA(28日・マツダスタジアム)

 DeNAの牧秀悟内野手が、2打席目に右前安打を放った。9試合連続安打で、今季152安打目。新人歴代5位の1958年巨人・長嶋茂雄が持つ153安打にリーチをかけた。

 最終戦でもまだまだ元気いっぱいだ。1年目を締めくくる今季143試合目の広島戦(マツダ)に牧は「4番・一塁」で先発。初回1死一、三塁の好機で迎えた1打席目は、広島先発・大瀬良の138キロカットボールをはじき返したが、遊撃手・小園の好捕もあって遊併打に倒れた。両軍無得点の4回無死一塁の2打席目は、1ボールからの2球目に反応。140キロシュートを右前安打にした。

 3割1分2厘でスタートした打率は、2打席目終了時点で3割1分3厘に上昇。5打数1安打でも打率3割1分1厘とあって、新人史上7人目の3割1分以上が決定的になった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請