清原果耶主演「おかえりモネ」29日ついに最終回!それぞれの道を歩み始めた百音ら、そして数年後…

スポーツ報知
「おかえりモネ」最終回の一場面(C)NHK

 女優の清原果耶が主演するNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜・午前8時)が、29日に最終回を迎える。

 以下、最終回あらすじ。

 永浦家では、未知(蒔田彩珠)の大学合格をお祝いするため、幼なじみたちが集まっていた。そこで百音(清原)は、あの日以来開けられずにいたサックスケースを開こうと決意する。そして2月。百音、未知、新次(浅野忠信)たちに見送られ、亮(永瀬廉)は海へ。そして、耕治(内野聖陽)と龍己(藤竜也)も海へ、それぞれの道を歩み始める。そして数年後…。

  「おかえりモネ」は清原演じるヒロイン・永浦百音が、宮城県の気仙沼市で生まれ育ち、気象予報士として成長していく姿を描く物語。主題歌はロックバンド「BUMP OF CHICKEN」の「なないろ」。

 11月1日からは、上白石萌音、深津絵里、川栄李奈の3人がヒロインを務める「カムカムエヴリバディ」がスタートする。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請