J1清水 残留争い生き残りへ MFホナウド「下を向く時間はない」

スポーツ報知
練習で軽快な動きを見せる清水MFホナウド(左)

 J1清水エスパルスが27日、FC東京戦(11月3日午後2時、味スタ)に向けて三保グラウンドで練習を行った。練習後オンライン取材に応じたMFホナウド(25)が「下を向く時間はない。勝ち点3を取れるように頑張っていきたい」と残留争いを勝ち抜くことを誓った。

 今夏に加入し、ボランチとして直近9試合連続出場。持ち味のキラーパスで攻撃を活性化し、かじ取り役として欠かせない存在だ。昨季は所属していたブラジル1部バイーアで残留争いを経験し、生き残りに貢献しており、厳しい状況のチームに対し「チーム一丸」「自信を持つことが大事」と強調した。

 サポーターからもパワーが注入された。8日に続き三保グラウンドでは今季2度目の練習一般公開。平日にも関わらず約300人が駆けつけた。現在15位で降格圏17位との勝ち点差は2。土俵際に追い込まれたチームを温かい拍手で盛り上げた。ホナウドも「モチベーションが上がった」と感謝を示した。

 残り5試合全て順位が上のチームとの対戦だ。ホナウドも、15日の会見でDF片山瑛一(29)が語ったのと同じ「決勝戦のように戦う」という言葉を口にし「早く勝利してこの状況から抜け出したい」とチームの思いを代弁した。(森智宏)

 

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請