【ヤクルト】村上宗隆「このチームで優勝したかった」レギュラー最年少21歳はMVP最有力 2冠挑む

スポーツ報知
勝利しマクガフ(左)とグータッチをする村上宗隆(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ DeNA1―5ヤクルト(26日・横浜)

 ヤクルトが6年ぶり8度目のリーグ優勝を果たした。マジック「2」からDeNAに勝ち、2位・阪神が中日に敗れ決定。最大7ゲーム差をひっくり返し前回15年に続き2年連続最下位から栄冠をつかんだ。大リーグでプレーした日本選手として初の優勝監督となった就任2年目の高津臣吾監督(52)は5度、胴上げされた。11月10日初戦のCS最終ステージから01年以来の日本一を目指す。

 “ウィニングボール”をしっかりとつかんだ。9回2死二、三塁。佐野が放った三邪飛を捕った村上は、笑顔で両手を上げてVの字をつくった。それから17分後。スコアボードに映し出された映像で阪神の敗戦を見届けると、三塁側ベンチからダッシュで歓喜の輪に加わった。「このチームで優勝したいという思いがあったので、本当にうれしいです」と喜びをかみしめた。

 先頭で迎えた2回の第1打席、9球目のカットボールを左前へ。一発を狙わずに逆らわない打撃で出塁し、先制のホームを踏んだ。3回の第2打席では1死一、二塁で詰まりながらも右前へ落として満塁の好機に広げ、サンタナの勝ち越し2点二塁打につなげた。7回にも左前打を放ち今季8度目の猛打賞。「優勝できるチームの4番になれるように頑張りたいなと。そこだけです」。本塁打は出なかったが、春季キャンプで立てた誓いをしっかりと体現した。

 21歳とレギュラー最年少ながら、押しも押されもせぬ中心選手に進化した。昨季までともにプレーした五十嵐亮太氏は「自分だけでなくチームのことも意識して両立できている」と評する。神宮の一塁側ベンチでは高津監督の目の前、最前列に陣取り大声を出して雰囲気を盛り上げてきた。「開幕からチーム・スワローズとしてチームワーク、ベンチワーク、一丸となって戦ってきました」。打つだけではない。精神面でもチームの中心になった。

 今季は巨人・岡本和に並ぶ39本塁打、同じく1差で追う112打点とキャリアハイを更新し、MVPの最有力候補となっている。東京五輪では侍ジャパンの一員として金メダル獲得に貢献。村上のバットを手がけるミズノのバットクラフトマン・名和民夫さん(54)はイチロー、松井秀喜の両氏らそうそうたる打者のバットづくりにも携わった。「まだ21歳ですが、お話しさせていただいていると非常に筋が一本通っている部分がある。お年は若いですが、風格というかベテランという部分に近いのかなと感じます」と感嘆した。

 優勝は決まったが残り2試合で本塁打王、打点王の2冠に挑み、その先にはCSが待ち構える。「CSも勝ち抜いて日本一になれるよう頑張ります」。セ・リーグNO1の4番から日本一の4番へ。高津監督から送られた「絶対大丈夫」の言葉を胸に頂点を目指す。(秋本 正己)

 ◆村上 宗隆(むらかみ・むねたか)2000年2月2日、熊本県生まれ。21歳。九州学院高で1年夏に甲子園出場。17年ドラフト1位で入団。1年目に高卒新人7人目のプロ初打席アーチ。19年には高卒2年目以内ではセ初の30本塁打を達成。20年は全120試合で4番に座り、自身初タイトルとなる最高出塁率(4割2分7厘)を獲得。188センチ、97キロ。右投左打。推定年俸1億円。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請