【巨人】丸佳浩「期待に応えられるよう」CSで恩返しだ 長嶋茂雄終身名誉監督の文化勲章受章を祝福

スポーツ報知
6月、長嶋氏(左)にアドバイスを受ける丸

 巨人・丸佳浩外野手(32)が26日、球界で初めて文化勲章を受章した長嶋茂雄終身名誉監督(85)に恩返しの活躍を誓った。

 長嶋さんの受章を、丸も心から喜んだ。「このたびはおめでとうございます。長嶋終身名誉監督からは、ジャイアンツという一球団にとどまらず、野球界、そしてスポーツ界全体の発展を願う熱い気持ちをお会いするたびに感じます」とミスターの情熱に触れ、身の引き締まる思いだという。

 今季6月5日に不振で2軍降格を経験した。翌6日、G球場に長嶋さんが直接指導に訪れ、背筋を伸ばし、体の中心を軸に回転するよう助言を受けた。「今年6月、ファームで調整していた私のことを気にかけ、熱心に指導してくださいました。長嶋終身名誉監督の期待に応えられるよう、精いっぱい頑張っていきたいと思います」。シーズンの最後は6戦連続安打、その間は19打数10安打で打率5割2分6厘、3本塁打、5打点と上り調子で終えた背番号8。11月6日からのCS第1Sでも活躍を誓った。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請