【ヤクルト】“高津マジック”継投 6回から高橋奎二投入で優勝決めた

スポーツ報知
7回2死二塁、森敬斗を空振り三振に打ち取り、ガッツポーズする高橋奎二(カメラ・宮崎 亮太)

◆JERAセ・リーグ DeNA1ー5ヤクルト(26日・横浜)

 ヤクルトが6年ぶり8度目のリーグ優勝を果たした。マジック「2」からDeNAに勝ち、2位・阪神が中日に敗れ決定。最大7ゲーム差をひっくり返し前回15年に続き2年連続最下位から栄冠をつかんだ。大リーグでプレーした日本選手として初の優勝監督となった就任2年目の高津臣吾監督(52)は5度、胴上げされた。11月10日初戦のCS最終ステージから01年以来の日本一を目指す。

 高津監督に迷いはなかった。先発の高梨が4回1失点と試合を作ると、5回から継投へ。“高津マジック”は6回だ。4点リードで3番・佐野からの打順を迎えたところで、今季12試合全て先発で起用し3勝の高橋を起用。20日の阪神戦(甲子園)から中5日となる左腕に、重要な中盤を託した。

 高橋は「力んでしまった」と6回に2死一、三塁のピンチを背負ったが、代打・宮崎を見逃し三振。7回も続投し、2回1安打無失点の好リリーフ。150キロ超の直球を軸に攻めの投球を見せ「なんとか後ろにいい形でつなぐことができて良かった」と胸を張った。

 8回からは清水―マクガフとつないで勝利。戦力を総動員してセ界の頂点をつかんだ。指揮官は「投手力がアップしたことが今年勝てた要因。打線も投手もつないでいく、つなぎの野球がしっかりできた」と投手陣の踏ん張りをたたえた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請