【DeNA】三浦大輔監督「期待に応えられず、誠に申し訳ございません」最下位確定でファンに陳謝

スポーツ報知
本拠地最終戦でヤクルトに敗れファンにあいさつする三浦大輔監督

◆JERAセ・リーグ DeNA―ヤクルト(26日・横浜スタジアム)

 DeNAの三浦大輔監督(47)が26日、本拠地最終戦だったヤクルト戦(横浜)後に、ファンに向かってスピーチした。

 「まずはヤクルトスワローズファンの皆様、優勝おめでとうございます。DeNAベイスターズファンの皆様、コロナ禍で制限がある中熱い、今年も熱いご声援、誠にありがとうございました。皆様の期待に応えられず、誠に申し訳ございませんでした。今年味わった悔しさ、選手、スタッフみんなが持っています。この悔しさを忘れず、来シーズンこそは大きく光り輝けるチームになれるように頑張って行きますので、来シーズンもまた、熱いご声援よろしくお願いします。胴上げを見て、悔しい気持ちでいっぱいです。選手たちも同じ気持ちだと思います。今年、新しい光も出てきました。小さい光もいっぱいあります。その光を集めて来シーズン大きく輝かせるようにやっていきますので、また1年間来シーズンもよろしくお願いします。本当に今シーズンもご声援ありがとうございました」

 16年から5年間チームを率いたラミレス監督からバトンを受け取り、今季から指揮を執った三浦監督。だが、外国人選手が開幕時に不在だったこともあって開幕8戦勝ちなし6連敗を喫し、4月にはさらに10連敗の屈辱も味わった。スタートダッシュに失敗すると、1度も貯金を作ることが出来ずに、6年ぶりの5位以下が確定した。

 三浦監督は2年契約の2年目となる来季の続投が決定的。1998年以来の頂点へ、来季に挑む。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請