【DeNA】牧秀悟が長嶋茂雄氏に並ぶリーグ新人記録34二塁打樹立! 最多猛打賞記録もリーチ

スポーツ報知
4回無死、左翼線二塁打を放つ牧秀悟

◆JERAセ・リーグ DeNA―ヤクルト(26日・横浜スタジアム)

 DeNAの牧秀悟内野手が、リーグ新人記録にならんだ。1、2打席目に2打席連続で二塁打。34二塁打は1958年の長嶋茂雄(巨人)が樹立した記録に、63年ぶりに並んだ。

 スーパールーキーの勢いは止まらない。ヤクルトに優勝のかかる一戦で、1打席目からいきなり火を噴いた。ヤクルト先発・高梨の初球、127キロスライダーをはじき返すと、右翼フェンス直撃の適時二塁打。先取点をたたき出した。

 さらに4点を追う4回先頭の2打席目も高梨から、左翼線へ二塁打。打率も3割1分1分となった。この試合でもう1安打打つと、14度目の猛打賞で、これも長嶋茂雄が樹立した新人最多記録に並ぶことになる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請