松本潤「愛にあふれている」嵐ライブ映画6か国・地域公開「世界中の人に楽しんでもらえることを願って」

スポーツ報知
日本外国特派員協会で会見を行った松本潤

 嵐の松本潤(38)が25日、昨年末にグループが活動を休止して以来となる公の場に登場し、ファンにうれしいニュースを報告した。東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見し、嵐初のライブ映画「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」(11月3日ドルビーシネマ先行公開、同26日全国公開・堤幸彦監督)が、台湾や香港など6つの国と地域で公開されることを発表した。

 昨年末にグループ活動を休止以降、約10か月ぶりに公の場に登場した松本の口から、会見の最後でビッグな報告が飛び出した。

 「たくさんの所で、たくさんのファンの人たちに見ていただけたら」と、嵐初のライブ映画が台湾、香港、マカオ、シンガポール、インドネシア、マレーシアの6つの国と地域で公開されることを発表。さらに中国、韓国、ブルネイなどで公開に向けて調整していると明かした。

 6月に同作がワールドプレミア上映された中国・上海国際映画祭では、計5回の上映が1分で完売。中国全土からファンが詰めかけた。この日の会見がセッティングされると、多くの国と地域から「私の国では上映されるのか」という内容のメールも届いたという。

 同作は18年11月から19年12月まで行ったデビュー20周年記念ツアーの19年12月23日・東京公演を、125台のカメラで撮影。同ライブで演出を務め、映画でもディレクションを務めた松本は、「堤(幸彦)さんには何度も会場に足を運んでもらった。『この曲はここを撮り逃さないでほしい』、『そのイメージを大事にしてほしい』とリクエストを伝えて、125台のカメラで余すことなく撮っていただいた」と振り返った。

 嵐の初主演映画「ピカ☆ンチ」(02年)も撮影した堤監督は、「20年近く皆さんと仕事をして親戚のおじさんのような気分でいますが、今回は彼らが歌って、踊って、お客さんとコミュニケーションして思いを爆発させる。そのシンプルな姿から見える彼らの人間性を撮りたかった。生涯記憶に残る仕事になった」と、感慨深げに語った。今年初めに櫻井翔(39)と共に映像を見たという松本は、「愛にあふれている」と笑った。

 会見冒頭では、「この映画が日本の皆さんのみならず、世界中のたくさんの人に楽しんでもらえることを願って」と話すと、一呼吸置いた後で「Thank you for coming today」と、流ちょうな英語であいさつした松本。「撮影した当時は、お客さんが満員で。今はまだその光景が見られる状態ではないですが、少しずつエンターテインメントが楽しめるように。少しずつ回復していけるように願いを込めて」。コロナ禍の先の未来を見据える言葉で締めた。(田中 雄己)

 ◆マツジュンに聞く

 ―作品が完成した経緯は。

 「自分たちが20年いっぱいで活動休止すると決まったタイミングで、ライブフィルムを作ったことがなかったので。たくさんの方に見ていただくライブをしっかり映像として残したい。スタッフにもそういう考えがあると聞き、今まで映画を撮ってもらい、デビューする前の小さな頃からお世話になっている堤監督にやっていただきたいとお願いして、快諾していただいたところからスタートしました」

 ―お気に入りのシーンは。

 「基本的に、シームレス(途切れない)につながるものが好きで。ブロックを分けるというより、なるべくつなげていきたい。ライブ会場と映像で見る感覚は違うので。『ここは1秒短い方が気持ち良いと思うんですけど』と堤さんに提案したりもしました」

 ―K―POPや韓国のコンテンツが世界中を席巻している。

 「自分もK―POPをすごく好きですし、韓国のドラマや映画もよく見ます。単純に一ファンですが、それと日本の、自分たちがやっていることは少し違うかなと解釈しています。表現者としては、世界中のより多くの人に楽しんでもらえたらと思っています」

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×