【阪神】矢野燿大監督、今日セV争い決着へ「甲子園決勝」宣言…糸原が大号令「決勝や!さあ、決勝」

練習を見守る矢野監督
練習を見守る矢野監督
セ・リーグ今日はこうなる
セ・リーグ今日はこうなる

 マジック「2」の首位・ヤクルトは26日にDeNA戦(横浜)、勝率7厘差の2位・阪神は今季最終戦の中日戦(甲子園)に臨む。阪神が敗れ、ヤクルトが勝つと、ヤクルトの6年ぶりの優勝、阪神の16年連続のV逸が決まる。望みをつなげたい阪神・矢野燿大監督(52)は25日、「甲子園決勝」と必勝を宣言した。

 「甲子園決勝や!」。甲子園の室内練習場に糸原の声が響く。全体練習を見守った矢野監督も「そんな感じで、ラスト1試合戦う。アイツ(糸原)は走りながら『決勝や! さあ、決勝』って。みんなもそういう気分でやってくれると思う」と一戦必勝を期した。引き分けでもV逸が決まる可能性がある大一番。高校球児ばりに泥臭く、全力疾走を貫き、白球を追う。

 故障中の近本は3試合連続ベンチスタートとなるが、怪物ルーキー・佐藤輝が復調気配だ。24日の広島戦(マツダ)で約2か月ぶりの一発をかっ飛ばすなどマルチ安打で勝利に貢献。自信を取り戻したドラ1は「スイングにしても打球にしても、すごくいいなという感じになってきた。全力で勝ちにいきたい」。2戦連発の25号を放てば、03年村田修一(横浜)に並ぶ新人6位で、今世紀のルーキー最多タイとなる。

 指揮官は練習前に改めて「失敗を恐れずに挑戦してもらいたい。俺らの野球、タイガースの野球を貫こう」と選手たちに伝えた。17日時点で3ゲーム差に離されたが、4連勝(2分け)で0ゲーム差とし“甲子園決勝”に駒を進めてきた。5連勝でシーズンを締めくくり、16年ぶりリーグ優勝への望みをつなぐ。(小松 真也)

練習を見守る矢野監督
セ・リーグ今日はこうなる
すべての写真を見る 2枚

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×