【楽天】田中将大、8回2失点の快投も10戦連続白星なし…レギュラーシーズン今季最終登板

スポーツ報知
7回2死一、三塁、紅林弘太郎に適時打を浴びた田中将

◆パ・リーグ 楽天―オリックス(25日・楽天生命パーク)

 楽天・田中将大投手が先発し、8回4安打2失点で降板。レギュラーシーズン今季最終登板で快投も、10戦連続白星なしとなった。

 今季はここまで「ももいろクローバーZ withファンキー加藤」の「吼えろ 2021」が登場曲だったが、「FUNKY MONKEY BABYS」の「あとひとつ」でマウンドに上がった。同曲を使用するのは、日本一が決まった13年11月3日の巨人との日本シリーズ第7戦以来となった。

 3回まで完全投球で、4回は1死から宗に中前打を許したが、ラベロを遊ゴロ併殺に斬った。5回は2死二塁のピンチを迎えると、紅林の打球は三遊間を抜け、左前へ。これが適時打となり、先制点を献上した。

 6回は3者凡退に抑えたが、0―1の7回。先頭・ラベロに左前打を放たれると、その後味方の失策も絡み2死一、三塁のピンチを迎えた。ここで紅林の右翼への詰まった打球は右翼へとポトリ。不運な適時打となり、追加点を与えた。右腕も膝から崩れ落ち、苦笑いを浮かべた。

 試合前まで4勝8敗、防御率3・11。7月13日・ソフトバンク戦以来の白星を目指したが、援護にも恵まれなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請