【ロッテ】益田直也でマジック「3」…小林雅の「何点とられても勝って終わればいい」魂で球団新38S

スポーツ報知
9回に登板、2点を失うも同点のピンチを抑えた益田は、スタンドに謝罪しながら引き揚げた(カメラ・竜田 卓)

◆パ・リーグ ロッテ3―2日本ハム(24日・ZOZOマリン)

 最後の打者を151キロ直球で空振り三振に仕留め、益田は「っっっしゃあー!」と思い切りグラブをたたいた。9回に2点を失ったが、リードだけは死守した。1点差で逃げ切り、02年小林雅英の37セーブを上回る球団新の38セーブ。チームはマジックを「3」に減らし、勝率2厘差で再び単独首位に浮上した。

 8回4安打無失点と好投した先発石川から、3点リードでバトンを受け継いだが1死二塁から3連打を浴び2失点。最高潮だった球場の雰囲気は一変したが、守護神は意に介さなかった。「2点取られたことに関してはどうでもよかった。ほんまに何とか勝って終わらなアカンと思って」。最後は2死二、三塁から浅間を3球三振に斬り、お立ち台で「みなさん、すみませんでした」とファンにわびた。

 2失点しても一切動じない心持ちは、師から受け継いだ。15~18年に投手コーチを務めた小林雅から「勝った状態なら勝った状態で、同点だったら同点のままバトンを渡せばいい」とシンプルな中継ぎの極意を教わった。小林雅自身も抑え時代は「何点とられても勝って終わればいい」が流儀。この日も3点リードから2点を失ったが、勝利は譲らず、「スポットライトは当たらないけど、シーズン終わった時に大切さがわかるようなポジション。やりがいがあります」と誇りを口にした。

 残りは4試合。オリックスの勝敗にかかわらず、2勝1敗1分けか1勝3分け以上なら自力で16年ぶりのリーグ制覇にたどり着く。「負けられない試合が続くのでしっかり戦っていきたい」と井口監督。最短Vは27日。歓喜の中心には、頼れる鉄腕クローザーがいる。(小田原 実穂)

 ◆小林雅めも 98年ドラフト1位で東京ガスからロッテ入団。切れ味鋭いシュートを武器にNPB通算228セーブを挙げ、「幕張の防波堤」の異名をとった。ロッテが前回優勝した05年にはセットアッパーの薮田、藤田と勝利の方程式「YFK」を形成した。08年からインディアンスでプレーし、同年57試合に登板。10年は巨人、11年はオリックスでプレーした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請