【ヤクルト】村上宗隆が先制打「投手が何点取られても僕たちが1点でも多く取りたい」

スポーツ報知
ヒーローインタビューを終え、笑顔で「マジック2」のポーズをする村上宗隆(左)と原樹理。右はマスコットのつば九郎

◆JERAセ・リーグ ヤクルト6―4巨人(24日・神宮)

 ヤクルトは中盤の集中打で巨人に勝利した。連敗を3で止めて優勝マジックを「2」とし、15年以来6年ぶりのリーグVに王手をかけた。

 4回無死満塁で先制の右前適時打を放った村上は「なかなかチャンスがこない中、ワンチャンスをものにできたのはすごくよかった」と笑顔。最短Vを26日のDeNA戦(横浜)とし、若き主砲は「投手が何点取られても、僕たちが1点でも多く取りたい。あとマジック2つ、しっかり勝って優勝できるように」と力強かった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請