西郷真央は今季6度目の2位にも前向き「優勝争いを経験して成長している」

スポーツ報知
18番でバーディーパットを決める西郷真央

◆女子プロゴルフツアー NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 最終日(24日、兵庫・マスターズGC=6571ヤード、パー72)

 ツアー初優勝を目指した西郷真央(大東建託)は、この日のベストスコア68で回ったが、トップに1打及ばず今季6度目の2位となった。後半は4バーディー、ボギーなしの猛チャージを見せ「優勝争いを経験する中で、自分自身も少しずつ成長している部分が後半に入って見えた」と手応えを得た様子で振り返った。

 西郷は先日、師事する尾崎将司の自宅を訪れ「勝つことが全てではないし、常に上位にいられることもすごいことだから、後もう少し頑張れ」と助言を授かった。西郷は自身の性格を「勝ちたいと思えば空回りする」と分析しつつ、「そこをジャンボさんは見抜いてくださって、焦らずにと言ってくださった」と受け止めて、今大会に臨んでいた。

 今季も残すところあと5試合。悲願の初優勝に向けて「来週からも自分のやってきたことをしっかり信じて、やるべきことをやり続けて頑張りたい」と意気込んだ。シルバーコレクターの名を返上する日は、もうすぐそこだ。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請