【日本ハム】反撃及ばずロッテに連敗 栗山英樹監督「残り3試合しっかり」

スポーツ報知
9回1死二塁、渡辺諒が左前安打を放つ

◆パ・リーグ ロッテ3ー2日本ハム(24日・ZOZOマリン)

 日本ハムはロッテに連敗を喫した。対ロッテは今季5勝13敗5分け。チームは本拠地最終戦の西武戦(26日、札幌ドーム)に向け北海道に移動する。29、30日にはロッテ2連戦(ZOZO)が控えている。

 先発の立野は4回まで2安打無失点と好投した。5回1死一塁から、田村に二塁打を打たれ先取点。6回には振り逃げで許した走者から、追加点を与えた。6回2失点で3敗目を喫した右腕は「ピンチの場面で粘り切ることができずに、追加点を許してしまいました」と反省した。

 8回には3番手の井口が、レアードにソロを被弾した。8回まで沈黙した打線は、9回にようやく着火。守護神・益田に3安打を浴びせ2点を返した。なおも2死二、三塁と一打逆転のチャンスだったが、代打・浅間が空振り三振に倒れ試合終了となった。

 栗山英樹監督は「(選手には)追い詰めても勝たなきゃいけないってことを、感じてもらえればいい。そのまま終わっちゃいけないので。残り3試合しっかりやっていきます」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請