【高校野球】京都国際は和歌山東に惜敗で来春センバツ当確ならず 今夏の甲子園4強校は全て敗退

スポーツ報知
力投する京都国際・森下瑠大

◆秋季近畿大会 ▽準々決勝 和歌山東3―2京都国際(24日・大津市皇子山)

 今夏の甲子園で4強入りした京都国際(京都1位)は和歌山東(和歌山2位)に競り負け、来春センバツ出場は当落選上となった。県大会準決勝で敗れた智弁和歌山に続き、智弁学園(奈良1位)、近江(滋賀3位)と今夏の甲子園4強校が全て敗退した。

 1―3の6回から来秋ドラフト候補左腕の森下瑠大(2年)が登板。4回を2安打無失点6奪三振に抑え、9回には自ら右越えソロを放ったが、あと一歩及ばなかった。

 小牧憲継監督は「森下頼みのチーム。強さもあるけど、もろさもある。ダメなところが出てしまった。根本的に力が足りない」と手厳しかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請