RIZINフェザー級王者・斎藤裕が牛久絢太郎に負傷TKOで敗れ初防衛失敗…大みそか朝倉未来戦どうなる

スポーツ報知
新王者に輝いた牛久絢太郎(C)RIZIN FF

◆RIZIN.31 ▽第11試合 フェザー級タイトルマッチ MMAルール 〇挑戦者・牛久絢太郎(2回4分26秒、TKO=ドクターストップ)王者・斎藤裕●(24日、横浜・ぴあアリーナMM)

 初代RIZINフェザー級王者の斎藤裕(パラエストラ小岩)がDEEPフェザー級王者の牛久絢太郎(K-Clann)に敗れ、初防衛に失敗。牛久が新王者となった。

 2回に牛久の飛び膝蹴りが斎藤の右目上をとらえて出血。ドクターチェックが行われたが試合はストップされ、TKOで牛久が新王者となった。

 斎藤は20年11月「RIZIN.25」で朝倉未来(トライフォース赤坂)とのフェザー級初代王座決定戦で3-0の判定で勝利。初代王者となった。朝倉は大みそかのリマッチを要求していたが、宙に浮いた形となった。

 牛久絢太郎「自分が思い切ってやりたいって挑戦して、周りからは無理だよとかそういう声が多かったんですけど、やっぱり自分を信じ続けて頑張っていればいいことあるんだなって今日思いました。だから同じ感じで悩んでる人がいたら、どんな下馬評も絶対自分を信じれば覆すことができるので、そういうみなさんの力になれたらすごく嬉しく思います。RIZINフェザー級。どんどん盛り上げていくので、みなさん応援よろしくお願いします」

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×