【高校野球】和歌山東が春夏通じて初の甲子園が当確 今夏の甲子園4強の京都国際に競り勝つ

スポーツ報知
1回2死満塁から先制2点打を放つ和歌山東・田村拓翔

◆秋季近畿大会 ▽準々決勝 和歌山東3―2京都国際(24日・大津市皇子山)

 和歌山東(和歌山2位)が京都国際(京都1位)を破り、春夏通じて初の甲子園出場が当確となった。

 和歌山東は初回、田村拓翔投手(2年)の2点適時打で先制。5回に1点を加えた。田村と、5回途中から登板した麻田一誠(ともに2年)の継投で逃げ切った。

 京都国際は6回から来秋ドラフト候補左腕の森下瑠大(2年)が登板し、4回無失点6奪三振に抑えた。9回に自ら右翼ポール際へソロ本塁打を放ったものの、反撃が遅かった。

 県大会で敗退した智弁和歌山を含め、今夏の甲子園で4強入りした智弁学園(奈良1位)、近江(滋賀3位)、京都国際は全て近畿大会の準決勝に勝ち上がることができなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請