萩野公介が引退を正式に表明「よく頑張りましたよ」「自分の中ではすごくかっこいい競泳人生」

スポーツ報知
引退会見で花束を手にする萩野公介(提供写真)

 16年リオ五輪競泳男子400M個人メドレー金メダルの萩野公介(ブリヂストン)が24日、都内で会見し、現役引退を正式に表明した。

 3大会連続で五輪に出場し、4つのメダルを獲得した天才スイマーは、不振で長期休養を経験するなど苦しんだ末に出場を果たした東京五輪では200M個人メドレーで6位に入り、現役生活にピリオドを打つことを決意していた。

 スーツ姿の萩野は終始、やわらかい表情だった。「東京五輪をもって引退を決意しました。五輪に入る前から、この大会が最後になると決めていた。200M個人メドレーに絞って、予選、準決、決勝3本泳げたことは非常にうれしいことだった。今ここにいる僕はすごく幸せ。悔いはありません」。天才として、金メダリストとして、常に勝利を期待されてきた水泳人生。自分にかける言葉を聞かれると「よく頑張りましたよ。本当に。だからすがすがしいし、うれしい」と、大きな笑みを浮かべた。

  五輪の200個メのレース前は特別な感情が浮かんだという。「今までは次の大会はこういう泳ぎをしよう、レース展開しようとか、常に前を向いて臨んでいた。競泳人生で唯一少し後ろを振り返った時間だった。たくさんの思い出が、全ての思い出が走馬燈のように流れてきて、何にも変えられない宝物を見つけることが出来た気がした」

 リオ五輪のあとは、右肘の骨折をきっかけとして不振に陥り、長期休養も経験。「苦しいこともたくさんあって休んだこともあったし、何で泳いでいるんだ、なんでこんなに苦しんでいるんだろうなっていう日々があった」とも吐露。「もっと現役の間は格好良く終わる予定だった。予定は未定だなと思いつつ、弱い部分もさらけ出しながら、最終的には萩野はこういう人間だと泳ぎで表現していた。速いだけじゃなくて、そういうところを泳ぎ求めていた。自分の中ではすごくかっこいい競泳人生だったなと思う」と総括した。

 今後は大学院を受験するなど、多岐に渡って活動の予定。一時代を築いた天才が、プールを去った。

 ◆萩野 公介(はぎの・こうすけ)1994年8月15日、栃木・小山市生まれ。27歳。生後6か月で水泳を始め、幼少時から天才と称される。作新学院高―東洋大卒。12年ロンドン五輪400M個人メドレー銅メダル、16年リオ五輪は個人メドレーで400M金メダル、200M銀、800Mリレー銅。13年日本選手権では史上初の5冠を達成。19年3月から不振で休養したが、同年8月にレース復帰。東京五輪では200M個人メドレーと800Mリレーに出場し、200個メでは6位入賞を果たした。177センチ、71キロ。家族はシンガー・ソングライターのmiwaと1子(性別未公表)。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請