【高校野球】大阪桐蔭3年連続センバツ出場当確…西谷監督「田井の本塁打がみんなに勇気を与えた」

スポーツ報知
6回、好投する大阪桐蔭・川原嗣貴(カメラ・義村 治子) 

◆秋季近畿大会 ▽準々決勝 大阪桐蔭5―0東洋大姫路(24日・大津市皇子山)

 大阪桐蔭(大阪1位)が東洋大姫路(兵庫3位)を破り、第94回センバツ高校野球大会(2022年3月18~30日・甲子園)出場に当確ランプをともした。東洋大姫路の好投手・森健人(2年)から11安打で5得点を奪い、川原嗣貴(2年)と前田悠伍(1年)の継投で2試合続けて完封勝ちした。30日の準決勝で天理(奈良3位)と対戦する。

 西谷浩一監督は「田井の本塁打がみんなに勇気を与えた」と称賛。先発に川原を指名したことについては「上級生の意地にかけた」と、188センチ右腕の好投をねぎらった。

 大阪桐蔭は4回1死一塁、6番の田井志門左翼手(2年)が、右越えに先制2ランを放った。5回は谷口勇人右翼手の適時二塁打と、海老根優大中堅手(ともに2年)の併殺崩れで2点を加えた。7回は海老根の中前適時打で加点した。田井は「たたいていこう、と。いい打球がいった」と充実感を漂わせた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請