トルソワが自己ベスト77・69点でSP首位も「トリプルアクセルを入れたかった」 けがの詳細は明かさず

スポーツ報知
アレクサンドラ・トルソワ

◆フィギュアスケート▽GPシリーズ第1戦・スケートアメリカ 第2日(23日、ラスベガス・オーリンズアリーナ)

 女子ショートプログラム(SP)は、ロシア勢が1、2、3位を独占。アレクサンドラ・トルソワが77・69点で首位、15歳のダリア・ウサチョワで76・71点で2位、クセニア・シニツィナが71・51点で3位だった。

 トルソワは冒頭に2回転半ジャンプ(ダブルアクセル)、続けて3回転フリップ、基礎点が1・1倍になる後半に3回転のルッツ―

トウループの連続ジャンプを成功。自己ベストをマークし「クリーンに滑られたけど、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を入れたかった。次戦に入れられたら」と話した。

 大会前には「足の故障」との報道もあったが、本人の口から詳細については明かされず。「朝起きて、フィーリングが良かったので滑ることを決めた」と話した。

 女子フリーは25日に行われる。トルソワは今季、4回転4種5本の構成でフリーを滑っているが、会見で「(フリーでの)4回転の数は言いません」と明言しなかった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請