横井ゆは菜、3回転ルッツが1回転になるミス「変に緊張した。自分に対して残念」SP54・77点

スポーツ報知
横井ゆは菜のSPの演技(ロイター)

◆フィギュアスケート▽GPシリーズ第1戦・スケートアメリカ 第2日(23日、ラスベガス・オーリンズアリーナ)

 女子ショートプログラムが行われ、横井ゆは菜(中京大)は、3回転フリップ―3回転トウループの連続ジャンプをなんとか着氷するも、後半の3回転ルッツが1回転になるミスで、54・77点だった。

 3回転ルッツが抜けてしまったことについては、「3回転―3回転がいつも決まらなかったので、着氷できたことはすごく良かったんですけど、そこでまた変に緊張してしまった。悔しいっていうより、自分に対して残念だなって思っています」と冷静に分析。

 今大会は、有観客での開催。演技後は観客から温かい拍手を受け、「ミスがあっても盛り上げて下さった。ほんとにこういう場所で滑れることが幸せだと思った」と喜びを口にした。

 24日のフリーは、「クイーン」のメドレーを演じる。「楽しむ気持ちを忘れない。楽しんでもらうことも忘れないようにしたい」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請