【高校野球】青森山田は木村虎鉄、堀内友輔のリレーで接戦制す 6年ぶりの4強…24日準決勝は聖光学院と

スポーツ報知
青森山田の背番号7の先発・木村は5回を3失点でまとめた

◆高校野球秋季東北大会準々決勝 青森山田4-3山形中央(23日、仙台市民)

 準々決勝4試合が行われ、青森山田(青森)は山形中央に4-3で競り勝ち、6年ぶりに4強入りした。勝てば来春のセンバツ出場に大きく近づく準決勝(24日、石巻市民)で聖光学院(福島)と対戦する。

 青森山田は継投策がはまり、接戦をものにした。背番号7の先発・木村虎鉄投手(2年)が5回を3失点の粘投。「何とかつなげればと思っていた。まとめられてよかった」。4―3の6回からはエースの堀内友輔投手(2年)がバトンを受け取り、4回64球で無失点。球数を抑え、準決勝の聖光学院戦は体力を残して臨める。兜森崇朗監督は「非常に大きな意味がある」と木村を称賛した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請