【阪神】逆転Vに望みつなげるドロー 首位・ヤクルトに0差

スポーツ報知
7回2死一塁から左前打を放った佐藤輝明

◆JERAセ・リーグ 広島1―1阪神(23日・マツダスタジアム)

 阪神は終盤に同点に追い付き、デーゲームで負けた首位・ヤクルトとのゲーム差を9月27日以来の0に縮めた。ヤクルトの優勝マジックは3のまま。

 先発・秋山は3回2死二塁から西川に先制二塁打を許したが、4、5回は3者凡退と復調。6回の打席で代打を送られて5回3安打1失点で降板し、2年連続の11勝目はならなかった。6回からをアルカンタラ、馬場が3者凡退に抑え、岩崎、スアレスにつないで広島に得点を与えなかった。

 打線は3回まで広島先発・森下に無安打に封じられていたが、1点を追う7回2死一塁。4試合ぶりにスタメン出場した佐藤輝が詰まりながらも左前に運び、一、三塁と好機を演出。坂本が中前に同点打をはじき返した。

 今季広島戦は1試合を残して11勝12敗1分けとなり、3年ぶりにカード勝ち越しを逃した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請