今田竜二評論「松山英樹は強風も全体を通じて安定。優勝が見られるのでは」

スポーツ報知
9番、バーディーパットを決める松山英樹(カメラ・山崎 賢人)

◆米男子プロゴルフツアー ZOZOチャンピオンシップ 第3日(23日、千葉・アコーディア習志野CC=7041ヤード、パー70)

 松山英樹(29)=LEXUS=が、日米通算15勝目&2016年11月以来の国内優勝に王手を掛けた。1打差首位で出て4バーディー、2ボギーの68。通算10アンダーで1打リードを守った。最終日を首位で迎えるのは日米通算13度目で、過去12度のうち、8勝を収めた。最終日の入場券は既に完売しており、拍手と声援を受け、日本のエースが地元ファンの期待に応える。米ツアー初Vを狙うキャメロン・トリンゲール(34)=米国=が1打差の2位。今大会に出場している今田竜二が、この日のコース状況と松山のプレーについて分析した。

 * * *

 3日目の午後はかなりの風が吹き、トリッキーな一日となりました。松山選手は最終18番で、3ウッドの第1打を左に引っかけ、ボギー締めでかなり悔しい終わり方だったとは思います。それでも、全体を通じて落ち着いて安定したゴルフをしていました。

 17番までの3打リードが1打差になりましたが、最終日に向けての心境は特に変わらないと思います。逆にお尻に火がついたくらいの方がいい。2位の選手(トリンゲール)はまだ優勝がなく、心配はしていません。上位選手を見ても、松山選手が一番実力、実績があります。年に一度の日本でのPGAツアーで気持ちが空回りしなければ、問題ないでしょう。

 仮にこの日のように2アンダー(68)で回った時点で、3位の選手は6アンダー(64)より良いスコアを出さないと届きません。彼のショットコントロール、精度をもってすれば、日本のファンが待ち望んだ優勝が見られるのではと期待しています。(今田竜二=プロゴルファー)

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請