【箱根予選会】風に負けない「速さ」より「強さ」が必要…担当記者が分析

スポーツ報知
予選会で力走する選手たち(カメラ・堺 恒志)

◆報知新聞社後援 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(23日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース=21・0975キロ)

 新型コロナウイルス感染防止対策のため、昨年に引き続き無観客の周回コースで行われ明大や8位で悲願の初出場を成し遂げた駿河台大など10校が予選を突破した。前回優勝の駒大はじめシード10校、予選会を突破した10校、オープン参加の関東学生連合の計21チームが新春の箱根路に臨む。(天候・晴れ、気温14・9度、北北西の風1・8メートル=午前9時時点)

 昨年と同じ平坦な周回コースだったが、タイムは大きく落ちた。トップ通過した明大の記録は昨年の8位相当。10位の国士舘大の記録は昨年の20位相当だった。原因は風だった。「風速2~3メートルだったけど、実際はもっと強く感じたと思う。耐久レースになったことは我々にとって幸いだった」と8位通過で初出場を決めた駿河台大の徳本一善監督は話した。

 5キロ通過のトップは立大。ライバル校、関係者に驚きを与えた。立大以外にも流通経大、慶大、関東学院大などが10位以内に入った。しかし、終わってみれば最初5キロの10位以内で予選会を突破したチームは3校だけ。序盤に飛ばしたチームの多くは後半、強風に屈して失速した。

 その中で5キロを2位で通過し、10キロ以降、トップを守り続けた明大は、速さに加え、風に負けない強さがあった。予選会では「速さ」ではなく、「強さ」が求められることが改めて証明された。(竹内 達朗)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請