【箱根駅伝】本戦展望 王者駒大好調も戦力拮抗 1つのブレーキが命取り「戦国駅伝」

予選会で力走する各大学の選手たち
予選会で力走する各大学の選手たち

◆報知新聞社後援 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(23日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース=21・0975キロ)

 新型コロナウイルス感染防止対策のため、昨年に引き続き無観客の周回コースで行われ明大や8位で悲願の初出場を成し遂げた駿河台大など10校が予選を突破した。前回優勝の駒大はじめシード10校、予選会を突破した10校、オープン参加の関東学生連合の計21チームが新春の箱根路に臨む。(天候・晴れ、気温14・9度、北北西の風1・8メートル=午前9時時点)

 明大が力の差を見せつけた。各校の戦略が分かれた最初の5キロで、攻めの指示がないにもかかわらず、2位で通過。その後は距離が延びるごとに後続との差をぐんぐん広げ、最終的には2位以下と4分以上の大差をつけた。鈴木主将&手嶋杏丞(ともに4年)の2枚看板に加え、一般入部から記録を伸ばした橋本大輝(4年)らも高いレベルでまとめた。

 7番手までが30位以内に入った一方で、山本監督が「本戦へ、ここが課題でしょう」と話したのは、8番手以降が72位以下と伸びなかったこと。箱根駅伝は10区間。流れを変えるエースの力は十分なだけに、選手層の厚さを増すことができれば、上位争いに食い込めるだろう。

 予選会2位以下も、本戦でシード権を争えるだけの地力を秘める。中大や神奈川大、法大、中央学院大などは苦戦したが、エース格を欠いてのレース。大黒柱が復活すれば、数字以上にチームに勢いが生まれる。初出場の駿河台大は、あらゆる点で未知数。往路の配置、山区間の攻略など徳本監督の手腕が問われる。

 前回の本戦で大逆転優勝を果たした駒大が今季も好調。田沢廉(3年)&鈴木芽吹(2年)のダブルエースをはじめ、ハイレベルな布陣をそろえて2連覇をうかがう。2年ぶりの頂点を狙う青学大や勝負強さが光る東洋大、出雲駅伝初出場Vの東京国際大なども優勝争いに絡みそうだ。順大は東京五輪3000メートル障害7位の三浦龍司(2年)を中心に勢いに乗る。

 し烈な戦国駅伝では、一つのブレーキが命取りになる。リスクを伴う賭けに出るのではなく、平常運転で速いという“当たり前”をどれだけ刷り込めるか。ミスの少なさや悪いなりに踏ん張るタフさこそ、駅伝での強さだ。「たられば」に頼らないチームをつくれるかが、勝敗を分けるだろう。(箱根駅伝担当・太田 涼)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請