【箱根予選会】日体大3位で箱根切符!歴代最長74年連続タスキつないだ

終盤に力走する日体大の選手たち(カメラ・堺 恒志)
終盤に力走する日体大の選手たち(カメラ・堺 恒志)

◆報知新聞社後援 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(23日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース=21・0975キロ)

 新型コロナウイルス感染防止対策のため、昨年に引き続き無観客の周回コースで行われ明大や8位で悲願の初出場を成し遂げた駿河台大など10校が予選を突破した。前回優勝の駒大はじめシード10校、予選会を突破した10校、オープン参加の関東学生連合の計21チームが新春の箱根路に臨む。(天候・晴れ、気温14・9度、北北西の風1・8メートル=午前9時時点)

 日体大が伝統のタスキをつないだ。継続中としては歴代最長の74年連続74回目の本戦出場を決めた。合計10時間39秒32で3位通過。エース・藤本珠輝(3年)は日本勢7番手となる1時間2分55秒の力走で順位を押し上げ、「(連続出場を)途切らせるわけにはいかない。チームのために走った」と胸を張った。

 エースは7月に右すね付近を疲労骨折。それ以降は全体練習にも加われなかった。だが、出場登録の締め切り2日前、今月9日の日体大競技会5000メートルで13分58秒24の好タイムを出し、玉城良二監督(60)は起用を決断。スタート前、藤本は「ダメなら骨を拾ってください」と悲壮感を漂わせていたが、レース序盤から日本人トップ集団の先頭を快走した。

 結果発表では喜び叫ぶことはなく、チーム全員が整列し静かに一礼。「『ありがとうございます』の気持ちが次へのスタートになる」と玉城監督。本戦での4年ぶりシード権獲得に視線を向けた。(宮下 京香)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請