高木美帆、1000メートルV5も「不完全」タイムや滑りに納得いかず「自分の経験にしていきたい」

スポーツ報知
女子1000メートルで滑走する高木美帆(カメラ・矢口 亨)

◆スピードスケート 全日本距離別選手権 第2日(23日、長野市エムウエーブ)

  女子1000メートルは高木美帆(27)=日体大職=が1分14秒60で5連覇を果たした。3000メートルに続いて2冠を獲得。元世界記録保持者の小平奈緒(35)=相沢病院=が1分15秒65で2位となった。男子1000メートルは小島良太(23)=エムウェーブ=が1分9秒10で初優勝。3連覇を狙った新浜立也(25)=高崎健康福祉大職=は1分9秒89で7位だった。

 高木美は5連覇にも厳しい表情だった。日本記録を持つ1000メートルは「最低でも14秒台前半」と意識してレースに臨んだが、1分14秒60。「タイムも滑りの内容も全体的に不完全なところがあった」。スタート直後の数歩がかみ合わず、最初のカーブで取り戻そうとする意識からペースを乱したという。「大舞台でこういうことが起きないようにしっかりと消化して、自分の経験にしていきたい」と反省の言葉を繰り返した。

 オールラウンダーとして活躍する高木美は、世界記録を保持する1500メートルと1000メートルを勝負の種目として位置付けている。それだけに「今のタイムでは世界と戦うには厳しい」と自己採点も辛めだが「滑りに対して不安や悩みを抱えているわけではない」と悲観はしていない。世界を見据えた高い意識を持ちながら、24日は主戦場の1500メートルで五輪シーズン初レースに挑む。(林 直史)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請