【高校野球】聖光学院が能代松陽を5回コールドで下す 4年ぶり準決勝進出

スポーツ報知
初回に先制し盛り上がる聖光学院のベンチ

◆高校野球秋季東北大会 ▽準々決勝 聖光学院13―1能代松陽(23日・石巻市民球場)

 聖光学院(福島)が能代松陽(秋田)を13―1の5回コールドで下し、4年ぶり準決勝進出を決めた。

 初回1死満塁から安田淳平中堅手(2年)が左中間に2点適時打を放ち、先制に成功。初回に3点を奪って勢いに乗ると、2回は打者9人で5得点と打線が爆発し、一気に突き放した。

 斎藤智也監督は、「今日打てたとしても、それは風の功名。地道にコツコツやってきた選手らを、風が助けてくれたのかな」とコメント。左飛になりそうな打球が伸びてフェンス直撃の長打になるなど、高台で強い風の吹く石巻市民球場も味方につけての勝利だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請