【巨人】戸郷翔征、2ケタ勝利狙い今季最終戦に先発 

24日のヤクルト戦に先発する戸郷翔征(カメラ・池内 雅彦)
24日のヤクルト戦に先発する戸郷翔征(カメラ・池内 雅彦)

 巨人の戸郷翔征投手(21)が23日、シーズン最終戦となる24日のヤクルト戦(神宮)での先発へ向け最終調整した。東京ドームでキャッチボールや短距離ダッシュなどで状態を確認した右腕は、自身初の2ケタ勝利を目指してマウンドに上がる。

 今季はここまで25試合に登板し9勝7敗、防御率4・02をマークしている。首脳陣は最終戦の先発を高橋か戸郷を候補に挙げていた。本人たちのコンディションを見ながら、高橋を中継ぎ待機させブルペンを強化、戸郷に2ケタ勝利のチャンスを与えることに決めた。

 今年は高卒3年目ながら開幕2戦目・3月27日のDeNA戦(東京D)を任された。前半戦は8勝を挙げたが、後半戦に入ると白星が遠のき約2か月間勝てない苦しさも味わった。シーズン最終戦を勝利で飾り、10勝目をつかみとってみせる。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請