湘南MF山田直輝、亡き祖母にささげる逆転ゴール「空で見てくれているおばあちゃんのために…」

スポーツ報知

◆明治安田生命J1リーグ▽第33節 湘南2―1横浜FC(23日・レモンS)

 湘南はMF山田直輝が逆転ゴールを決め、ホームで横浜FCに2―1で勝利した。

 後半33分にFW大橋のゴールで1―1に追いついて迎えた同44分、劇的な一発が生まれた。

 MF岡本の右CKをFW町野が頭で合わせ、ゴール前で山田がバックヘッドでコースを変えて逆転弾。こん身のガッツポーズで雄たけびをあげた。「絶対こぼれてくると信じてゴール前で待ってた。みんなの気持ちが僕のゴールにつながった。絶対勝ちたい試合だったので、結果が残せてすごくうれしい」と試合後は涙ながらに喜びを語った。

 亡き祖母にささげるゴールだった。山田は試合後のインタビューで「昨日、大好きだったおばあちゃんが亡くなり、どうしてもチームのために力になりたかった」と秘めた思いを明かし、「空で見てくれているおばあちゃんのために、結果が残せてよかった。おばあちゃんの力を借りられたゴールだった」とかみしめた。

 山口智監督に就任後初勝利をプレゼント。チームは7戦ぶりの白星で16位に浮上し、J2降格圏を脱出した。山田は「苦しい時期が続いてたので、みんなで喜び合えることは智さんにとってもチームにとっても大きい。1シーズン終わった後に笑っていられるように戦いたい」。残り5戦。J1残留を勝ち取るため、31歳ベテランがチームを引っ張る。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請