【DeNA】牧秀悟4度目4安打で35年ぶり新人20発&3割確実「色んな記録を塗り替えられてうれしい」

スポーツ報知
牧秀悟

◆JERAセ・リーグ DeNA5―0中日(23日・横浜スタジアム)

 負ければ最下位確定だったDeNAが、中日に快勝して5位に並んだ。

 打線を引っ張ったのは、4番に座るルーキーの牧だ。今季4度目の4安打となる、4打数4安打2打点と大爆発。安打数は148まで積み上げ、新人歴代単独7位となった。32二塁打は巨人・高橋由伸に並んで歴代3位。打率はついに3割8厘まで上昇し、残り2試合であることを考慮すると、3割超えでシーズンを終えることはほぼ確実になった。新人の打率3割は1998年の高橋(巨人)、坪井(阪神)が最後で、3割&20本塁打は、1986年の清原(西武)以来新人史上4人目。13度目の3安打以上も、長嶋茂雄(巨人)が1958年に作った新人最多記録14度にリーチをかけた。

 この日は左肘トミー・ジョン手術から2年ぶりの復帰勝利を挙げた東が復帰後3度目の先発とあって「東さんが復帰してなかなか援護出来なかったので、いい結果になってよかったです。東さんを助けるために、4番にも座らせてもらっているのでなんとか仕事が出来てよかったです」と何度もうなずいた。新人記録ラッシュについては「新人の時しか出来ない記録は、超えていきたいと最初から思っていたので、色んな記録を塗り替えられてうれしいです」と笑顔を見せていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請