【富士S・敗戦の弁】G1馬ダノンザキッドは復帰戦で4着 川田将雅騎手「次に向かえる内容でした」

スポーツ報知
休み明けで4着に健闘したダノンザキッド

◆第24回富士S・G2(10月23日、東京・芝1600メートル=良)

 1着馬にマイルCS・G1(11月21日、阪神)の優先出走権が与えられる前哨戦は、池添謙一騎手とコンビを組んだ1番人気のソングライン(牝3歳、美浦・林徹厩舎、父キズナ)が重賞初制覇を飾った。中団追走から直線で馬群を割って伸びると、後続を追撃を首差でシャットアウト。4度目の重賞挑戦で初タイトルを手にした。勝ち時計は1分33秒2。

 2着は大外から追い込んだ9番人気のサトノウィザード(戸崎圭太騎手)。さらに2馬身差の3着には、10番人気のタイムトゥへヴン(柴田善臣騎手)が続いた。

 4着以下の主な騎手コメントは次の通り。

 川田将雅騎手(ダノンザキッド=4着)「(皐月賞15着から)長いこと休んでいましたが、それでも4コーナーで雰囲気を出してくれましたし、ここから改めて準備をして次に向かえる内容でした」

 横山武史騎手(ダーリントンホール=5着)「久々のぶんスタートの反応が悪かった。10か月ぶりで初めてのマイルでここまでくるんだから能力があります。また重賞を取ってくれそうですね」

 石橋脩騎手(ザダル=7着)「状態は変わらず良かった。今回は1600メートルだったので自分のペースで走らせました。道中いい形でしたが、3、4角のボコボコしたところを通って伸び切れなかった」

 ミルコ・デムーロ騎手(ラウダシオン=8着)「展開的にもいい形かと思ったけど、難しい馬ですね。チーク(ピーシーズ)を着けたけど気持ちが入らずいい頃の感じになかった」

 クリストフ・ルメール騎手(アルジャンナ=9着)「勝った馬の後ろに入っていい感じで運べましたが直線では伸びなかった。どうしたのかわからない」

 丸山元気騎手(サンライズオネスト=11着)「折り合いは良かったんですけどね。初めての重賞だったけど、坂を上がるまではいい感じでした」

 坂井瑠星騎手(バスラットレオン=12着)「まだ調教の感じや返し馬の感じがいい感じではなかった。力んだにしてもしまいが伸びなかった」

 荻野極騎手(ハッピーアワー=13着同着)「この馬としてはゲートは出ました。ゆったりしたペースで前が開かず残念な結果になりました」

 武豊騎手(マイラプソディ=13着同着)「いいポジションが取れましたが、思っていた以上に止まった。マイルならもっとためて競馬すれば良かったかも」

 内田博幸騎手(ボンセルヴィーソ=15着)「2番手で行けて流れも遅かったが伸びなかった。東京より小回りの方がいいのかも」

 大野拓弥騎手(フォルコメン=16着)「わっ、とこられた時に走りのリズムが悪くなった」

 三浦皇成騎手(ソーグリッタリング=17着)「外枠なので外を回らされないようにリズム良く運びましたが、ペースが遅かったですね。手応えの割にやめている節があったので気になりますね」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請