【富士S】1番人気ソングラインが古馬相手に首差V 林調教師「池添騎手のおかげ」

スポーツ報知
1番人気に応えたソングライン(手前)

◆第24回富士S・G2(10月23日、東京・芝1600メートル=良)

 1着馬にマイルCS・G1(11月21日、阪神)の優先出走権が与えられる前哨戦は、池添謙一騎手とコンビを組んだ1番人気のソングライン(牝3歳、美浦・林徹厩舎、父キズナ)が重賞初制覇を飾った。中団追走から直線で馬群を割って伸びると、後続を追撃を首差でシャットアウト。4度目の重賞挑戦で初タイトルを手にした。勝ち時計は1分33秒2。

 2着は大外から追い込んだ9番人気のサトノウィザード(戸崎圭太騎手)。さらに2馬身差の3着には、10番人気のタイムトゥへヴン(柴田善臣騎手)が続いた。

 林徹調教師(ソングライン=1着)「池添騎手が本当に素晴らしい騎乗をしてくれて、ジョッキーに感謝しています。前走が1番人気に支持していただきながら申し訳ない競馬をしたので、今回は前回の反省を生かして結果を出すことができてホッとしています。(前走で)厳しい競馬を古馬の強豪相手に経験できたことが、今回生きているのかなと思います。最内枠でもこれだけの結果を出せたのは、前回までの経験とこれまで池添騎手が(競馬を)教えてくれたおかげだと思います」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請