松山英樹、68で1打差の単独首位をキープ 米ツアー日本人最多7勝目に王手!

スポーツ報知
4番、ティーショットを放つ松山英樹(カメラ・山崎 賢人)

◆米男子プロゴルフツアー ZOZOチャンピオンシップ 第3日(23日、千葉・アコーディア習志野CC=7041ヤード、パー70)

 秋晴れの下、ムービング・サタデーが終了した。マスターズ王者・松山英樹(LEXUS)は1打差の首位で出て、4バーディー、2ボギーの68をマーク。通算10アンダーで、2位のキャメロン・トリンゲール(米国)と1打差の単独首位を維持した。4月のマスターズ以来、米ツアー通算7勝目に王手をかけた。

 入場の上限5000人の有観客開催となった大会で、秋晴れの土曜日は、子供連れの家族の姿も目立った。松山は米ツアー初優勝を目指すキャメロン・トリンゲール(米国)、欧州ツアー4勝のマット・ウォレス(英国)と同じ最終組でのラウンドとなり、多くのギャラリーが、午前11時前の松山組を取り囲む盛況ぶりとなった。

 強い風の中で、大会カラーの上下黒いウェアに身を包んだ日本のエースは、2番でピン右8メートルを沈めてバーディーを先行させた。5番パー3は、アイアンでの第1打をグリーン右手前の池に入れてボギー。6番パー5は、グリーン左奥ラフからの3打目を寄せて伸ばした。9番はアイアンでの第2打をピン左下3メートルにつけてバーディーとした。

 松山は後半に入っても、アイアンショットが好調で安定したゲーム運びを見せた。16番パー3では、アイアンでの第1打をピン右上3メートルにつけてスコアを伸ばし、最終18番パー5では、3ウッドが左の林方向に曲がり、2打目は9番アイアンでフェアウェーへ出した。グリーン手前からの4打目の寄せは2メートルほどショートとなり、ボギーでのフィニッシュとなった。

 全英オープン覇者のコリン・モリカワ(米国)は6打差の8位につけた。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請