【中日】清水達也は4回1失点も4四球とピリッとせず「悔しい気持ちが1番」1年ぶりの白星ならず

スポーツ報知
清水達也

◆JERAセ・リーグ DeNA―中日(23日・横浜)

 中日・清水達也投手が4回5安打1失点で降板した。今季初登板の右腕だったが、緊張もあってか序盤から直球が高めに浮き、ボールが先行する苦しい投球が続いた。

 しかし、4四球を与えながら致命的な大量点は与えず、何とか最少失点でしのいだ。1年ぶりの勝利を目指した清水は「悔しい気持ちが一番です…。相手打線に粘られてしまう場面が多かったことと、無駄なボール球も多かった。必ず次につなげたい」とコメントした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請