【DeNA】プロ初スタメン初出場の3年目捕手・益子京右が2打席目にプロ初安打!

スポーツ報知
益子京右

◆JERAセ・リーグ DeNA―中日(23日・横浜スタジアム)

 「8番・捕手」でプロ3年目にして初めてスタメンに名を連ね、プロ初出場を果たしたDeNA・益子京右捕手(20)が、プロ初安打を放った。

 2回のプロ初打席では空振り三振に倒れていたが、1点リードの4回1死一塁で迎えた2打席目に、中日先発・清水の143キロに反応。完全に詰まらされた打球だったが、レフト間にポトリと落ちるラッキーなヒットになった。記念球はベンチに戻され、牧が受け取ると拍手でたたえた。

 益子は根尾(中日)、藤原(ロッテ)、小園(広島)らが目玉だった18年ドラフト5位で栃木・青藍泰斗高から加入。昨季までの2年間はファームで31、29試合の出場にとどまって1軍昇格はなかった。今季は、イースタンで72試合に出場。6本塁打を放つなど打撃もアピールし、22日に1軍に昇格した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請