【ソフトバンク】東浜巨が3回途中4失点で降板 引き分け以下で8年ぶりのBクラス確定

スポーツ報知
2回2死満塁、山崎剛に左前2点適時打を打たれた東浜巨(カメラ・佐々木 清勝)

◆パ・リーグ 楽天―ソフトバンク(23日・楽天生命パーク)

 ソフトバンクの東浜巨投手が3回途中4失点でKOされた。2回2死満塁から、三塁・リチャードの失策で先制点を許すと、続く山崎剛に左前2点打。3回1死から島内、鈴木大の2連続二塁打で4点目を失ったところで交代が告げられた。

 ここまで4位に低迷している昨年のリーグ王者。この試合の引き分け以下で、13年以来のBクラスが決まり、5年連続日本一の可能性がなくなる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請