竜王戦第2局2日目の勝負メシは豊島竜王「御室御膳」、藤井三冠は「京ゆばうどん」

スポーツ報知
昼食に出された豊島将之竜王の「御室御膳」(左)と藤井聡太三冠の「京ゆばうどん」(提供・日本将棋連盟)

 京都・総本山仁和寺で23日に指されている将棋の第34期竜王戦七番勝負第2局2日目は午後0時30分、昼食休憩に入った。

 豊島将之竜王の勝負メシは「御室御膳」。扇形に盛られたご飯の上に、京のおばんざい・ちりめん山椒がたっぷりとかけられている。

 麺好きで知られる19歳の挑戦者・藤井聡太三冠=王位、叡王、棋聖=は「京ゆばうどん」。京都特産の湯葉のほかにも大葉、梅干しもあり、さっぱり食べられる一杯だ。

 対局は50手目で藤井が1時間21分の長考の末、桂を跳ね、52手目で桂を敵陣に突入させ、休憩に入った。先手・豊島の手番で午後1時30分に再開される。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請