【箱根予選会】明大がトップ通過 加藤大誠らが快走 本戦で上位狙う

スポーツ報知
ゴール前で競り合った(左から)明大・加藤大誠、中央学院大・栗原啓吾

◆報知新聞社後援 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(23日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース=21・0975キロ)

 出場41校が上位10人の合計タイムで競い、10位以内の大学が箱根駅伝本戦(来年1月2、3日)の出場権を獲得した。トップ通過は明大。加藤大誠らが快走し、4年連続63回目の出場を決めた。前回優勝の駒大はじめシード10校、予選会通過10校とオープン参加の関東学生連合の計21チームが新春の箱根路に臨む。

 予選会は例年、陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、立川市街地を回り、国営昭和記念公園ゴールのコースで行われているが、新型コロナウイルス感染防止対策として、昨年に引き続き、今年も無観客で陸上自衛隊立川駐屯地内の1周約2・6キロの周回コースで開催された。各校14人以内の登録選手から当日に12人以内が出走。明大のランナーは、加藤をはじめ、全選手が堅実に走り、箱根切符を手にした。

 予選会の制度が確立された1955年以降、延べ66校がトップ通過。そのうち、44校が本戦でシード権を獲得した。シード獲得率は66・67%。今回、トップ通過の明大はシード権獲得、そして、さらなる上位を目指す。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請