豊島将之竜王の封じ手は▲9七同香 将棋・竜王戦第2局2日目スタート

スポーツ報知
京都・仁和寺での竜王戦第2局2日目に臨む豊島将之竜王(奥)と藤井聡太三冠(手前)(提供・日本将棋連盟)

 豊島将之竜王(31)に藤井聡太三冠(19)=王位、叡王、棋聖=が挑戦している将棋の第34期竜王戦七番勝負第2局の2日目が23日、京都・総本山仁和寺で始まった。

 午前9時前に1日目(22日)の棋譜通りに駒を並べ、先手・豊島は43手目(考慮38分)の封じ手▲9七同香で歩を取り、藤井が4分考えて△9八歩と指した。

 1日目は持ち時間が豊島3時間45分、藤井4時間43分残った。約1時間の差があり、攻めの姿勢の藤井に形勢が傾いている模様。昼食休憩を挟んで、夜には決着する見込み。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請