【箱根予選会】晴天、微風、初出場狙う駿河台大の徳本一善監督「体感温度は暑いかも」まもなくスタート!

スポーツ報知
第98回箱根駅伝予選会の朝を迎えた

◆報知新聞社後援 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(23日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース=21・0975キロ)

 出場41校の全選手が午前9時35分にハーフマラソン(21・0975キロ)を一斉にスタート、各校の上位10人の合計タイムで争い、上位10校が箱根駅伝本戦(来年1月2、3日)の出場権を獲得する。

 例年、陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、立川市街地を回り、国営昭和記念公園ゴールのコースで行われているが、今回は昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染防止対策として、無観客で陸上自衛隊立川駐屯地内の1周約2・6キロの滑走路を周回するコースで開催される。

 午前8時30分時点で、気温18度、湿度62%(手元計測)、弱風とまずまずの気象コンディションとなった。昨年同様に平たんなコースでスピード決着が見込まれる。ただ、その一方、耐久レースとなる可能性もある。悲願の初出場を目指す駿河台大の徳本一善監督は「体感温度は暑くなるかもしれない」と慎重に話した。出場選手は緊張した面持ちでそれぞれウオーミングアップを行っている。

 今年の箱根駅伝で13年ぶり7度目の優勝を果たした駒大をはじめ上位10校はシード校として出場権を持つ。シード10校、予選会通過10校とオープン参加の関東学生連合の計21チームが本戦に出場する。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請