浦和、イケメンFWユンカーが7戦ぶり弾&1アシスト「久しぶりのゴールは本当にうれしい」

スポーツ報知
浦和FWユンカー

◆明治安田生命J1リーグ▽第33節 浦和5―1柏(22日・埼玉)

 浦和はイケメンFWユンカーが1ゴール1アシストの活躍を見せ、今季最多の5得点で柏に大勝した。

 内転筋の違和感で16日のG大阪戦を欠場した背番号7は6試合ぶりに先発。前半15分にMF江坂のスルーパスに抜け出し、巧みなトラップからMF汰木へのラストパスで先制点をお膳立て。「とても良いゴールだった。1タッチ、2タッチでプレーし、相手を崩した。ああいう早いコンビネーションがあるとすごくいいチームになる」と絶賛した。

 3―1の同45分にはMF平野の浮き球パスに快足を飛ばして走り込み、左足でゴール右へ流し込んだ。7戦ぶりの今季9点目。「以前決めたのと似たゴールだ。スペースに走り込んだのを(平野)佑一が知っていたかは分からないけど、本当にいいボールがきたので、低いゴールでファーに蹴った。リーグでは久しぶりにスタメンで出てゴールを決められてうれしい」と声を弾ませた。

 リーグ戦3試合ぶり、公式戦5戦ぶり白星。3位・神戸と勝ち点2差の暫定4位に浮上した。ユンカーは「ゴールはチームにとっても自分にとって非常に大事なもの。本当にうれしい」。今季残り5戦。勢いに乗るデンマーク人助っ人が、目標のACL出場権獲得にむけてチームをリードする。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請