【箱根予選会】上位通過はチームに追い風…直近3年は予選会1位通過をきっかけに覚醒したチーム続出

スポーツ報知
昨年の予選会の様子

◆報知新聞社後援 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(23日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース=21・0975キロ)

 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=来年1月2、3日)の予選会(報知新聞社後援)は、23日午前9時35分に号砲が鳴る。41校が出場し、ハーフマラソン(21・0975キロ)の上位10人の合計タイムで10枠の本戦出場権を争う。

 例年は東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、国営昭和記念公園ゴールのコースで行われているが、新型コロナウイルス感染防止対策として昨年に引き続き、今年も無観客で駐屯地内の周回コースで開催。学生ランナーは静かなる立川から「箱根への道」を走る。

 本戦への出場権をかけた戦いではあるが、上位通過こそチームへ“追い風”をもたらす。近年ではトップ通過校が箱根路で躍進。予選会1位→本戦Vは史上2校しかないが、シード権獲得へ最も近い位置にいることは間違いない。翌年以降へ良い流れを引き継げる絶好の機会だ。

 特に、直近3年は予選会1位通過をきっかけに覚醒したチームが多い。20年大会トップの順大は、この年の予選会突破校で唯一、シード権を獲得。19年大会を制した東京国際大は箱根路で存在感を見せただけでなく、今年の出雲駅伝で初出場Vを成し遂げた。18年大会では駒大が圧倒的な力を見せつけ、今年1月の箱根駅伝で大逆転Vへとつなげた。

 トップ通過こそないが、今年の箱根駅伝総合2位と大躍進した創価大や、19年出雲駅伝Vの国学院大なども予選会での苦労を糧に本戦常連校へと進化しつつある。出場予定だったハーフマラソンがコロナ禍でほぼ中止や延期となっているシード校に対して、予選会出場校は貴重な実戦の場を得ていることになる。予選会を本戦への“アドバンテージ”ととらえ、波に乗れるか。下克上に挑む熱きチームの登場に期待がかかる。(太田 涼)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請