【箱根予選会】し烈な個人順位…トップ候補は留学生たち 日本人選手では明大ダブルエースや中大・吉居大和

スポーツ報知
中大・吉居

◆報知新聞社後援 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(23日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース=21・0975キロ)

 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=来年1月2、3日)の予選会(報知新聞社後援)は、23日午前9時35分に号砲が鳴る。41校が出場し、ハーフマラソン(21・0975キロ)の上位10人の合計タイムで10枠の本戦出場権を争う。

 例年は東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、国営昭和記念公園ゴールのコースで行われているが、新型コロナウイルス感染防止対策として昨年に引き続き、今年も無観客で駐屯地内の周回コースで開催。学生ランナーは静かなる立川から「箱根への道」を走る。

 10枚の箱根切符へ、個人順位の争いもし烈だ。チームに大きな貯金をつくるべく留学生勢がトップ候補に挙がる。9月に13年ぶりとなる1万メートル日本学生新を樹立したジョセフ・ラジニ(拓大3年)やハーフマラソン日本学生歴代2位のライモイ・ヴィンセント(国士舘大4年)、安定感抜群のジェームズ・ブヌカ(駿河台大4年)らが軸。山梨学院大はポール・オニエゴ(4年)とボニフェス・ムルア(3年)の2人を登録しており、確実に好調な選手が出走することになる。

 日本人選手では明大のダブルエース、鈴木聖人&手嶋杏丞(ともに4年)、前回個人10位で今回も気象条件次第ではU20日本新を視野に入れている吉居大和(中大2年)、前回の箱根駅伝1区区間賞で学生ハーフ王者の鎌田航生(法大4年)らが有力。さらに、藤本珠輝(日体大3年)や栗原啓吾(中央学院大4年)、樋口翔太(日大3年)といった各校エースも虎視たんたんと上位を狙う。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請